女性の社会進出で変わってきたこと

女性の大学進学率というのは、年々上がってきているようです。人によって捉え方は違ってくるかと思いますが、非常に良い傾向だと思います。一昔前までは、それこそ「女性にそこまでの学歴は必要ない」と感じている人が数多くいたものです。しかし、近年は大学を出る女性も少なくありません。その背景には、まず男女平等という意識が浸透してきているというものがあります。また、女性の意識そのものが変化してきている・どの職業にも女性が進出してきているという背景もあるようです。「どの職業にも女性が進出してきている」という背景に注目してみましょう。
各職業への女性の進出というのは、キャリアを目指す女性にとっては朗報以外の何物でもありません。そうなると、男社会の中でやり合うためのスタートラインとして、「大学を卒業する」という考え方に至るのだと思います。それに加えて、過去に男女雇用機会均等法が改正されたことも、女性の大学進学率を高める後押しをしたようです。男女雇用機会均等法の改正によって、女性の活躍の場が随分広がりました。女性のチャンスが広がるのであれば、大学へ進学したいと思うのではないでしょうか。
一時期は、学歴よりも手に職なんていう時代もあったようです。しかし、それでもやはり「大卒」というのは大きな武器になります。そのため、今後も女性の大学進学率は上がっていく可能性が高いです。女性の大学進学率が男性の大学進学率を抜く日も、それほど遠くないのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です