専門学校か大学か

大学へ進学するか、専門学校へ進学するかで悩んでいる人は多いでしょう。看護学部がある大学も増えてきており、看護師になるにはそのような大学へ行った方が無難だろうかと感じている人も少なくありません。また、自分の子供が看護師を目指しているという場合も、親としてどちらへ進学させればいいのか迷う人は多いようです。
一昔前までは、看護師を目指す人は看護の専門学校へ進学するというのが一般的でした。しかし、現在は大学の看護学部を目指す人も増えてきています。その理由としてまず挙げられるのは、現代の看護師に求められる知識レベルがずいぶん高くなったということです。そのため、大学でじっくり看護を学んだ人が、看護師になって大きく活躍しているというケースも増えてきています。近年、看護師を目指す人の約3分の1が、専門学校ではなく大学への進学を選択しているといいます。もちろん、選ぶ大学も重要です。大学によって合格率も変わってくるので、その大学のレベルなどを確認した上でチャレンジしましょう。
大学の看護学部へ進学すれば、さまざまな分野へチェレンジしやすくなります。一般的な看護師以外の道も、かなり選びやすくなるのです。最新医療を学びたい・より深い医療を学びたい・選択できる道の幅を広げたいという人には、大学への進学をおすすめします。その方が、より理想的な看護を学べる確率が高いようです。専門学校とはまた違った魅力があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です